法人概要  職員募集NEW   お問い合わせ

昼は雲の柱をもって 彼らを導き、夜は火の柱をもって 彼らを照らし、
昼も夜も彼らを 進み行かせられた。 聖書 出エジプト 記 13:21-22
閲覧中のページ:トップページ > 法人概要 > 理事長のご挨拶

トップページに戻る

「祈り・仕える」
  -社会福祉を担う者としての謙虚さと責任と喜びと-

社会福祉法人 雲柱社  理事長  服部 榮
<人格の尊厳>

聖書は、人間の創造について、「主なる神は、土の塵で人を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。 人はこうして生きる者となった。」(創世記2 章7 節)と記しています。ここには、神が人間を人格的存在として創造し、かつ、応答的存在として創造されたことが示されています。対人援助にたずさわる私たちは、ここに人間の尊厳の根拠をおきます。さらに、個人の尊厳や平等の原点もここにおきます。私たちは人格の尊厳、人権の尊重の基盤に、神による人間の創造をおきたいと考えます。

<社会福祉を担う者としての謙虚さ>

私たちは、神から「命を貸与」され生かされている存在であります。ここに対人援助を担う者の謙虚さがあります。福祉実践の現場で日々出会うひとり一人もまた、神から「命を貸与」されて生かされている存在である、と言う認識に立つ時そこに相手への畏敬と謙虚さが生まれます。それは他者と共に生きようという実践につながっていきます。

<社会福祉を担う者( 法人) の責任>

私たちは、神から「命を貸与」された者として、神が示された隣人愛-自分を愛するように隣人を愛しなさい-の実践へと出て行くことが求められています。それは「命を貸与」されていることへの感謝の応答であり、責任でもあります。また、私たちは社会福祉の仕事を神からの「召命」として受け止めます。それは重い責任を伴いますが、やりがいのある仕事でもあります。

<共に生きる喜び>

聖書は神の赦しによって、私たちを拘束している「自己中心性( 罪)」から解放し自由にされたと述べています。この自由さこそ対人援助の内実を形成するものであります。主イエス・キリストは、私たちを「地の塩、世の光」として、隣人と共に生きるようにと、実践の場に遣わされます。私たちは、創立者賀川豊彦が実践の根拠としたキリストの教えと行いに倣う(キリスト精神)ことをミッションとする法人であります。今年度もこのミッションに立ち、支えられ、励まされて、時に叱咤されて、社会福祉の実践を担っていきたいと願っています。

2017年7月3日









社会福祉法人
雲柱社
法人事務局
〒156-0057
東京都世田谷区
上北沢3-8-19
TEL: 03-3302-2884
FAX: 03-3302-6983
somu@unchusha.com




Copyright @ UNCHUSHA